10/12/2022

数え切れないほどの悩みと不安を抱えるICU看護師

日々、ICUに入院している患者の生命の危機と向き合っている看護師は、どんな状況でも一人一人の患者の変化に気づかないといけないので悩みを抱えている看護師もいるようです。

病気や対処方法など、幅広い患者の対処ができるよう勉強もICU看護師の仕事の一つといえます。

しかし、勉強範囲が広くどのような勉強をしたら良いのか分からず、なかなかスキルアップに繋げられず悩むこともあります。

また、急変などの緊急事態が起きたとき何をしたらいいか分からなかったり、夜勤はハードになることも多く、看護師の勤務も人手が少なくなることから、急変時には一人で適切な対処ができるか悩まれることもあるようです。

臨機応変な対応が求められるICUの看護師は、少しのミスも許されない状況のなかで、業務の責任感の重さに悩むことも少なくないでしょう。

ICUの看護師は、連携をとりながら仕事を進めていくため他の看護師とのコミュニケーションも大切です。

先輩看護師は、ICUで経験を積んでいるためミスに繋がらないよう考えながら日々業務についています。

そのため、時に先輩看護師の指導が厳しかったりすることもあるので、配属になったばかりの看護師は、やっていけるか人間関係の悩みへと繋がるようです。

ICUの患者は意識のない人も多く、一般病棟のようなコミュニケーションを患者と交わすことはほとんどないため、業務的な関わり方に戸惑うこともあります。

また、ICUは、危機的状況から救えない患者もいます。

状態管理をしてきた看護師にとっても辛く心身共に疲労があるなかでの家族へのフォローは、精神的にも辛いことから続けていけるか悩むこともあるようです。