19/07/2024

常に生命の危険な患者と向き合い続けるICU看護師に求められることは多くあります。

日々、患者からのサインも見落とすことは許されないため、看護師は患者の全身の観察を行いながら状態把握し、変化に気づくことのできる観察力と、即座に適切な判断ができることが重要です。

意識のない患者や動くことのできない患者が多くいるICUは、看護師の判断次第では、手遅れになり命を落とすこともあるため一刻も早い対処が必要とされます。

また、急変の時にどのような医療機器で対処が必要なのか、さまざまな疾患に対して起こしやすい合併症など、知識を身につけるための勉強に熱心で向上心を持っている人は、ICU看護師に適正な人材といえるでしょう。

ICUは、24時間体制で患者の管理をしていきます。

そのためICUの看護師は交代制の勤務になり夜勤もあります。

ストレスや疲れが溜まりやすいので体調不良や業務に影響がでないよう自己管理ができることも必要でしょう。

医師や他のICU看護師などと常に連携が必要とされるICUは、自分の価値観に偏らず、急な対応にも全体と協力しながら業務を進めなくてはならないため、他の看護師や医師からの指示も素直に聞き入れる協調性と常に自分の役割を自覚しなくてはならないです。

また、患者の家族に患者の状態を説明する場面もあります。

危機的状態の患者の状態を聞く家族の気持ちを考慮しながら、適切な説明ができるコミュニケーション力も必要といえるでしょう。

ICU看護師は生命に直結する仕事をしているため、責任感が強い人もICUで働く看護師に向いているといえます。